本当におすすめ出来る除毛クリームは?

むだ毛を今日中に処理したいと言う時に便利なのが除毛クリームです。除毛クリームではタンパク質を分解する成分を配合するものが多くなっています。

肌もタンパク質であるため、なるべく刺激の少ない除毛クリームを選びたいところです。そこで本当におすすめ出来る除毛クリームの紹介です。

敏感肌用の「ナチュラルズ バスタイム除毛クリーム敏感肌用」

ナチュラルズ バスタイム除毛クリーム敏感肌用は天然成分のグレープシードオイル配合で肌の弱い方でも使用しやすいと言うメリットがあります。

皮膚科医によるテストも実施されており、安全性の高い除毛クリームとなっています。一般的な除毛クリームと違い、この除毛クリームではお風呂での使用を想定して作られています。

そのため塗布中に水がかかっても落ちにくいと言う特徴があります。まずは除毛したい部位にクリームを塗布します。専用のスポンジが付属されているために塗布しやすいです。

5分ほど経ったらスポンジで塗布したクリームを除去していきます。水またはぬるま湯を使用し洗い流しながら除去するとスムーズです。

敏感肌の方はスポンジの色がある柔らかい面を使用して下さい。グレープシードオイルには保湿作用があるため、除毛後の仕上がりもきれいになりやすいです。脚やすね、ビキニライン、ワキ、腕など様々な部位の除毛に使えます。

大容量でたっぷり使える「ラブリーゾーン パーフェクトクリームEX」

除毛クリームは100gから200gの内容量と言うものが多いです。

しかしラブリーゾーン パーフェクトクリームEXなら業務用サイズで525ml、大容量なのでたっぷり使えるのが魅力です。

ただ安いだけのものを大容量にしたと言う除毛クリームでは無く、品質面でも確かとなっています。むだ毛が気になる部位が多いと言う方、除毛コストを抑えたいと言う方にピッタリです。

この除毛クリームではタンパク質を溶かす作用を持つチオグリコール酸カルシウムを配合しています。この成分でむだ毛を溶かして除毛します。

さらに美肌成分や保湿成分も配合、除毛と一緒に肌ケアまで行えるのが魅力です。一般的な除毛クリームではツーンとした臭いが気になることがありました。

そんな時でもローズの香りで特有な臭いを抑えているために、部屋の中でも使いやすいです。先着1,000名様ではありますが専用スパチュラのプレゼントもあります。

おすすめの除毛クリーム2つ紹介してきましたが如何でしたか?まだこの他にも肌にやさしい除毛クリームはたくさんあります。

除毛クリームを塗布してから除毛出来るまでの時間には個人差があります。既に除毛出来ているのに長い時間除去しないと、肌にやさしいものでも負担がかかることがあります。しかし1回使用すれば自分に合った時間が分かるようになりますので安心です。

どう違う?除毛クリームとカミソリとの比較

むだ毛の自己処理のうち最も一般的なのがカミソリです。剃るだけで手軽に処理出来ますが、最近では除毛クリームを使用する方も増えてきました。そこでカミソリと除毛クリームとどう違うのか比較していきます。

除毛クリームとカミソリでは仕組みが違う

除毛クリームの多くでチオグリコール酸カルシウムと言う成分を配合しています。このアルカリ性の成分にはタンパク質を分解する作用があります。

体毛はタンパク質が主成分となっており、除毛クリームでは体毛を分解して除毛すると言う仕組みになっています。

除毛クリームではヘラを使用し、むだ毛を処理したい部位に塗布していきます。むだ毛が隠れるくらいムラなく塗布していくことがポイントです。

5分から10分するとむだ毛の分解が進みますので、塗布したクリームを除去します。クリームを完全に除去するにはぬるま湯で洗い流すことが必要です。特有な臭いもあるため、部屋ではなくお風呂場で使う方が多くなっています。

それに対してカミソリでは鋭利な刃でむだ毛をカットすると言う仕組みになっています。肌に押し当てて引くだけと簡単です。3枚刃、4枚刃など刃数の多いカミソリは剃り味が良く、肌への負担軽減にも繋がると言うメリットがあります。

しかし何も付けずにカミソリで剃る空剃りと言う方法は肌への負担が大きいです。専用ローションなどを使用した方が良いです。

除毛クリームとカミソリでは値段が違う

自己処理してもむだ毛はすぐに生えてくるため、値段が気になるところです。除毛クリームでは内容量150gから200gのもので700円から2400円ほどの値段で手に入ります。

除毛後にむだ毛が生えてきたら再度除毛を行います。個人差がありますが半月に1度のペースで行うときれいな状態を維持しやすいです。

むだ毛の薄い方なら1か月に1度のペースでも大丈夫です。使用する部位にもよりますが、内容量150gの除毛クリームなら1か月に1本あれば足りることが多いです。

カミソリは本体なら600円から1,000円ほどの値段で手に入ります。女性用のカミソリ、敏感肌用のカミソリもあります。カミソリの刃は使用するたびに切れ味が鈍ります。

鈍ったカミソリの刃をそのまま使用すると肌への負担が大きいため、交換することが必要です。使用頻度にもよりますが2週間ほどが交換のタイミングと言われています。

替刃は意外と値段が高く、10枚で2,000円ほどします。しかし1枚当たりなら安いために除毛クリームよりコストはかからないです。

まとめ

カミソリの方が安い値段ではあるものの肌に傷を付けるリスクがあります。除毛クリームなら傷が付く心配は殆どありません。値段重視ならカミソリ、仕上がり重視なら除毛クリームを選ぶと良いです。