脱毛クリームと除毛クリームって違うものなの?

ムダ毛の自己処理というと、カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器などがありますが、どの方法も肌に負担がかかり、肌トラブルの原因になる場合があります。

脱毛クリームや除毛クリームは、気になるムダ毛部分にクリームを塗ってしばらく待ち、その後シャワーなどで洗い流すことで手軽に処理することができます。

脱毛クリームの仕組み

脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムという成分が含まれています。このチオグリコール酸カルシウムは、毛を構成しているタンパク質に強力に作用して分解していくため、見えている部分の毛をきれいに取り除くことができます。

ただ、毛根は残ったままになっていますから、数週間後には新しい毛が生えてしまいます。ただ、毛を抜くわけではないので痛みもなく、毛先も丸くなっているのでカミソリのようなちくちくとした感触にはならないというメリットがあります。

注意点としては、毛穴を通してチオグリコール酸カルシウムが中に入ったり、皮膚から浸透してしまう可能性もありますから、あまりにも頻繁に使用するのはやめた方がよいでしょう。

また、生理中は肌が敏感になっていますし、妊娠中や授乳中もホルモンバランスが崩れて肌がデリケートになっていますから、使用は控えましょう。

脱毛クリームを使用した後には、肌の上で化学反応が起こった後ですから、冷やして炎症などを防ぎ、化粧水などで保湿してあげましょう。

除毛クリームの仕組み

除毛クリームは、ムダ毛が気になるところにクリームを塗って、洗い流したりふき取ることで、ムダ毛を簡単に処理することができます。

除毛クリームに使われている主な成分は、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の化学物質で、毛を分解する作用があるため毛を溶かしていくことができます。

チオグリコール酸はパーマ液にも使われている成分で、除毛クリームを使用した時に、毛がパーマをかけたように縮れて見えるのも、この成分が入っているからです。

また、チオグリコール酸カルシウムは、メルカプト酢酸という物質で、タンパク質を分解する働きがあります。

ムダ毛はタンパク質でできていますから、除毛クリームを使うことでムダ毛を分解して溶かすことができます。

カミソリなどでムダ毛の自己処理をしていると、すぐにちくちくと毛が生えてきますが、除毛クリームの場合はムダ毛を溶かして処理していきますから、毛先が丸く伸びてきてもちくちくすることもありません。

また、背中などの広範囲にも手軽に塗ることができますから、カミソリなどで自己処理しにくい背中もきれいに処理することができるというメリットもあります。

まとめ

脱毛クリームや除毛クリームのメリットは、手軽に自宅にいながらムダ毛処理ができるという点にあります。

もっとも手軽な方法といえば、カミソリが考えられますが、カミソリの場合は肌に負担をかけてしまいますから、肌トラブルを起こす可能性もありますし、生えてきたときにちくちくとした手触りになってしまいます。

脱毛クリームや除毛クリームは、毛先が丸くなっていますから、生えてきた毛がちくちくすることもありませんし、肌に優しいというのも特徴となっています。